フンデルトワッサーの本
指先サイズのコレクション
親指サイズの小モノ達
掌サイズの勝れモノ
Photo
掌中のアート
午後5時55分
福助のコラムでござる
西武美術館の会員だった頃、フンデルトワッサー展の初日に行き、出口で小さくてきれいな版画集を買った。また会場に戻って見ていると、突然目の前に作家本人が立っていた。背が高く、黒い服を着た牧師のようだった。買ったばかりの本を差し出しサインを頼むと、他には誰もいなかったこともあり、私の名前と版画の雅号である「百水」という名も入れてくれた。ドイツ印刷で表紙も中も黒い本は、芸術家の個性が結晶した作品のようだ。
草間弥生のかぼちゃ ロジャー・アックリング アイデアル・コピーのトランプ ハット・チェス・ゲーム フンデルトワッサーの本 マルヤン・ペジョスキの骸骨 イワタルリの花器 小名木陽一の耳 真空管の時計 岡本太郎・太陽の塔 タイルの下駄 つぶれたブリキ缶 ただそこにあるもの 水に浮いた繊維100% 0号の抽象絵画 田名網敬一の版画 青い涙壷 やなぎみわの写真 野田哲也の日記 水玉のカップ&ソーサー
前のページへ 掌中のアートTOPページへ戻る 次のページへ