小名木陽一の耳
指先サイズのコレクション
親指サイズの小モノ達
掌サイズの勝れモノ
Photo
掌中のアート
午後5時55分
福助のコラムでござる
アートの世界で耳といえば、三木富雄の名が浮かぶ。耳の作品ばかり創って若くして逝った。ゴッホは耳を切り、そして自殺した。それで耳には狂気のイメージがある。小名木陽一は、1970年代に巨大なオッパイや足などを織物で作って、ファイバーワークの世界で注目されている。この赤い耳も繊維による造形作品。他にオチンチンや手などもあった。顔の中では表情に乏しいが、耳には特別の存在感がある。ちなみに私の耳は小さい。
草間弥生のかぼちゃ ロジャー・アックリング アイデアル・コピーのトランプ ハット・チェス・ゲーム フンデルトワッサーの本 マルヤン・ペジョスキの骸骨 イワタルリの花器 小名木陽一の耳 真空管の時計 岡本太郎・太陽の塔 タイルの下駄 つぶれたブリキ缶 ただそこにあるもの 水に浮いた繊維100% 0号の抽象絵画 田名網敬一の版画 青い涙壷 やなぎみわの写真 野田哲也の日記 水玉のカップ&ソーサー
前のページへ 掌中のアートTOPページへ戻る 次のページへ