13.ただそこにあるもの  (日本/2005年/陶器/W54mm)
指先サイズのコレクション
親指サイズの小モノ達
掌サイズの勝れモノ
Photo
掌中のアート
午後5時55分
福助のコラムでござる
薄いピンクの固まりが壁から浮いている。真ちゅう棒で支えられた長谷川直人の焼物は実にフシギ。以前「作品はウンコのようなモノ」という真面目で愉快な芸術論を読んだが、まさにウンコそのモノではないか。リアルに、長谷川でなくてはならないナニカがそこに存在する。なにやら判らぬ土クレを味わい深いカタマリにヒネリ上げる。目を凝らして、その存在感のありようを確かめたくなるのだ。
草間弥生のかぼちゃ ロジャー・アックリング アイデアル・コピーのトランプ ハット・チェス・ゲーム フンデルトワッサーの本 マルヤン・ペジョスキの骸骨 イワタルリの花器 小名木陽一の耳 真空管の時計 岡本太郎・太陽の塔 タイルの下駄 つぶれたブリキ缶 ただそこにあるもの 水に浮いた繊維100% 0号の抽象絵画 田名網敬一の版画 青い涙壷 やなぎみわの写真 野田哲也の日記 水玉のカップ&ソーサー
前のページへ 掌中のアートTOPページへ戻る 次のページへ